ほんとうにあった(自転車の)怖い話。
by: 盛山 新太郎

 

 

 

先日、とある自転車が当店に持ち込まれました。

 

 

 

 

 

 

 

リアディレーラーが壊れたということで持ちこんでいただいたのですが、

 

 

 

 

 

 

DSC_0519_1[1].jpg

 

 

 

 

 

 

実際に確認してみるとこんな状態。

 

 

 

 

 

ディレーラーハンガーが真っ二つに割れています。

 

 

それだけで済んでいればパーツ代と作業費で¥4000~5000もあれば修理できるのですが、今回は事情が違うようです。

 

 

 

 

DSC_0521_1[1].jpg

 

 

 

 

 

 

リアホイールを外してみるとこんな状態。

 

 

 

 

カーボンのフレームそのものに重大なダメージが・・・

 

 

 

 

 

このような損傷の場合、カーボンドライジャパン-(株)CDJホールディングスさんに当店を仲介して補修を依頼し、上から新しくカーボンを貼っていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

今回のこの車体の場合、リアエンドの破損個所の補修と、シートステーにもダメージがあるので、現在概算での見積もりまでしかまだ出ていませんが、2か所で約¥80000前後となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガ━━Σ(゚Д゚|||)━━ン!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恐ろしい!!

 

 

 

 

 

 

 

そもそもなぜこうなったか、というところなんですが、TOP画像を見ていただくと、リアディレーラーを何か硬いものに強くぶつけた痕跡が確認できます。

 

 

 

 

その衝撃によって変速機を取り付ける台座、リアディレーラーハンガーが曲がってしまったのがそもそもの原因。

 

 

 

 

 

 

その段階で持ち込んでいただければ、最初にお伝えしたパーツ代と作業費で¥5000もあれば直るのですが、そのことに気付かなかったり、ちょっとくらい大丈夫。っと舐めてると、リアを軽いギアに変速したときに変速機がホイールに近づきすぎて巻き込まれてしまい、このような状態になってしまいます。

 

 

 

 

しかもぶつけてしまっているので、たとえ買ってすぐでもメーカーの保証外。

 

 

全額負担になります・・・。

 

 

 

 

 

じゃあどうすればその初期段階で気付けるかというところですが、まず自転車を倒したり、こけてしまったら確認するのは当然ですが、それでもわからない場合、リアディレーラーハンガーが曲がってると、当然リアディレーラーの位置も変わるので、変速が切り替わりづらくなります!

 

 

 

 

ここがポイントです!!

 

 

 

変速が変わりづらいな~で済ませずに、修理に必ず出してください!!

物事には必ず何か原因があってそうなっています。

 

 

 

変速が変わりづらい場合、単にワイヤーが伸びてしまっているだけの場合もありますが、何もしてないのにいきなり変速が悪くなるなんてことは絶対にないです。

 

 

 

 

 

 

 

リアディレーラー、後ろ変速機を強くぶつけてしまった場合は、必ず点検に出してくださいね!!

 

前の記事へ

次の記事へ